Company

自然と人の平和的な繋がりを創造し、より多くの幸せに貢献する。

グローバル化からローカル化へ、物質至上主義から環境との共生へと、世の中の潮流は変化し、21世紀型の新しい価値観へとシフトを続けています。

この時代のニーズを富士山のふもとから見据えてきた当社は森林という地球の財産を背負った林業、アウトドアツアーを主とする観光業、
駿河湾において資源管理の徹底された環境下で行う桜えび漁、地元の安全な野菜を使ったレストランという4つの部門から成る小さな会社です。
これらは、どれ一つ自然から切り離されておらず、自然からの大いなる恩恵によって成り立っている業態です。

山林部門では、自然の大元である森をフィールドとして、手入れが行き届かずに荒廃した森の再生整備をはかることにより、森の持つ本来の機能を高め、木材を生産しています。
健全な森に降り注いだ雨が、しっかりと時間をかけ濾過され栄養を得て、レストランで提供する野菜やお米を育みます。
さらに富士川に注いだ水によって、ラフティングなどのアウトドアツアーを提供させて頂いております。
川の水は最終的に駿河湾にたどり着き、多くの生物に森で得たミネラルを届けます。そこで育つ桜えび漁を業とさせて頂いております。
水は役割を終え、水蒸気となり再び循環を始めます。
森から農。川から海という水の辿る流域の始まりから終りまでの各フィールドで、自然と人との労働を通じての豊穣な関わりを大切に、第一次産業をトータル且つ有機的に連携させ出来上がったのが当社の形です。

私たちの会社は、『自然と人の平和的な繋がりを創造し、より多くの幸せに貢献する』を企業理念として掲げ、地元の豊かなリソースを再認識し、伝え、地元に根ざし、そこに人が集まることで地元の人と自然に還元される。そのような自然と人を優しくつなぐ21世紀型のビジネスモデルを体現し続けたいと考えております。

会社概要

会社名 有限会社木成 (ユウゲンガイシャモクセイ)
設立 平成6年(昭和25年創業)
代表取締役 佐野 博
本社 〒419-0317
静岡県富士宮市内房842-2
ショールーム NATURAL ACTION General Store
〒419-0317
静岡県富士宮市内房2193-8
TEL 0544-65-1123
FAX 0544-65-1343

FOREST Department「木成」

杉、桧の素材生産を主とする林業を5世代にわたり営んでおります。機械化が進む現在では、年間約2,750㎥を間伐により生産し、同時に水源の森を健全に保つ持続可能な林業経営を粛々と続けております。

OCEAN Department「第二諏訪丸」

富士山が海と交わる駿河湾の特産品さくらえび。由比港漁業共同組合所属 第二諏訪丸の船主として、自ら舵を握り、110余年の歴史ある静岡の伝統漁業に従事しています。

River Department「NATURAL ACTION Outdoor Tours」

富士川でのラフティングやマウンテンバイクを中心とするアウトドアスポーツの体験プログラムを企画運営するほか、自然の中に潜むリスクを回避、対応する為の能力を身につける講習会を行っております。

NATURAL ACTION Outdoor Tours

Holistic Department「NATURAL ACTION General Store」

100%自社林を間伐した丸太で建てたログハウス。2011年にオープンしたこちらのセレクトショップでは、自然と人をつなぐ薪ストーブをはじめ、自然との調和をコンセプトとした様々なアイテムを取り扱っています。日々の暮らしの中で必要とされる「もの」。永く大切にしていただけるものをセレクトしております。併設のカフェもご利用いただけますので、ゆっくりとした時間をお過ごしくださいませ。

沿革

昭和25~45年 先代が佐野木材として林業を営む
昭和46年より 自家林の育林(枝打ち・保育間伐)を続ける
平成6年11月 有限会社 木成を設立
平成10年 重機導入により、作業路開設・搬出間伐に軸を置く林業に転換
平成10年7月 観光部門Natural Action Outdoor Toursを設立
平成15年3月 さくら海老を対象とした漁業部門(諏訪丸)を創業する
平成16年1月 静岡県木材業者登録
平成22年7月 静岡県認定事業体となる
平成23年5月 Natural Actionリバー・ベースにてアパレル、薪ストーブなどを扱うGeneral Store及びCaféを開設する
平成27年9月 製材所を借り受け製材及び販売を始める
平成28年1月 県産材取扱業者認定を受ける

↑